資金繰りを良くする事 / キャッシュフロー経営推進全国会

全国キャッシュフロー研修や黒字化経営のための財務サポートを行うコンサルティング集団です。

トップページ

資金繰りを良くする事

「経営=資金繰り」と言われるほど、資金繰りを抜きにして経営は成り立たちません。

「そんな当たり前の事。知ってるよ!」と一瞬でも思った方へお聞きいたします。
現在、金融機関等(社長等からも含む)からの借入を頼らずに、以下の事がしっかりと実行で出来ていますか?

  • 1:資金繰りが楽に行えているか?
  • 2:決算時、消費税や法人税等の支払いを楽に行えているか?

答えが「Yes」ならば無借金経営に向かっている「健全な企業」といえます。

しかし、答えが「No」であるならば、危うい状態にあると言えます。

なぜ、中小企業は赤字経営が多いのか?

なぜ、中小企業は赤字経営が多いのか?前述のとおり、どんなに赤字経営であろうと「資金繰りさえ成り立てば」会社は潰れません。

しかし、赤字経営を行っていては、資金が回るはずも無く「間違いなく金融機関からの借入や社長個人等からの借入」が行われているはずです。
(例外として資本金が大きい企業を除く)

つまり、健康では無いのに、お金が回ってなんとかなってしまう為、「赤字への危機感」が欠如してしまう事が問題なのです。

資金力に乏しい中小企業にとって、銀行等の金融機関等からの借入は、企業発展の「テコ」としての役割を得るはずです。
裏腹に、借入自体が中小企業を、倒産へ導いているケースがあまりにも多いのです。

無借金経営で行うのが本来のあるべき姿なのですが、やむ得ず借入を行う場合にも、
「借入を行う原理原則」があります。それを理解せず、「どんぶり経営」を行う事は非常に危険です。

この学びを通して、赤字経営は倒産に向かっている事であると、当たり前の危機感を持って頂きたいと願っています。

キャッシュフローとは 資金繰りを良くする事

キャッシュフロー経営推進全国会

経営情報バンク事務局

〒901-2131 沖縄県浦添市牧港5-18-3
Tel:098-871-1808 Fax:098-875-3444

2012-2019 © キャッシュフロー経営推進全国会
上へ