中小会計要領とは / キャッシュフロー経営推進全国会

全国キャッシュフロー研修や黒字化経営のための財務サポートを行うコンサルティング集団です。

トップページ

中小会計要領とは

中小企業の会計に関する基本要領(中小会計要領)は、金融庁が主体となって策定(法務省、中小企業庁も参画)、2012年2月1日公表されました。
『中小会計要領』に基づくチェックリストを提出すると、金利優遇を受けられます(exトマト銀行0.20%引き下げ)。

チェックリストは、日税連版と信用保証協会版(個人情報付き)があります。そして、保証料率の割引も受けられます。
なお、信用保証協会版が公表された2012年4月4日付け文書では、中小企業会計指針とは、「中小会計要領は別物」と表現。

経理人員が少なく、法人税法の会計処理が実施される企業に向けた新会計ルールが、中小会計要領です。
金融庁の意向は、「税務申告のため」から、「経営管理のため」へと大きく舵を切りました。つまり、経理における「会計」が「税務」から大きく分離される方向性を明示したわけです。

銀行子会社が、中小会計要領に基づいた「記帳代行」を業務に取り込み、銀行OBの就職先受け皿としたいのだ、と真面目なウワサも飛び交う昨今。

中小会計要領が、日商簿記検定の出題区分にも追加されました。

8/30すぎやまたかし

 

前に戻る


キャッシュフロー経営推進全国会

経営情報バンク事務局

〒901-2131 沖縄県浦添市牧港5-18-3
Tel:098-871-1808 Fax:098-875-3444

2012-2019 © キャッシュフロー経営推進全国会
上へ