希望の道 / キャッシュフロー経営推進全国会

全国キャッシュフロー研修や黒字化経営のための財務サポートを行うコンサルティング集団です。

トップページ

希望の道

宮城県に留学した中国の作家・魯迅は希望を道に例えています。
「もともと地上には道はない。歩く人が多くなれば、それが道になるのだ」(「故郷」)

3.11震災時、宮城県女川町海辺の水産会社19社に162人の中国人実習生が働いていました。全員が津波から逃げ、無事帰国しました。
町民の1割近くが犠牲になった女川でなぜ全員が助かったのか?
会社の人々は、「この方々とは長くおつきあいするのだ」と考え、日本語を親身に教え、一緒に仕事をしていました。苦楽を共にしていたのです。

こうして、突然津波に襲われた時も、「実習生を一人も死なすな」と声を掛け合い必死に救出しました。

ところで、子供の頃には、冬の雪玉合戦も押しくらまんじゅうも、夏の海でのスイカ割り遊びも、
ドッチボールの時も、鬼が守る缶を蹴り抜く時も、みんなで腹かかえながら笑いこけたものでした。

その時に、
「だって...だって...」
という声が出れば、
集団の遊びは成り立たなかった、
と思う。

仕事も、遊びと似た面があります。

心の襞に残る、子供の頃の遊びの憶い出を、探り出してみよう!

「もともと道はない。歩く人が多くなれば、それが道になるのだ」

多くの感動を得ることでこそ、人は成長していきます。いつまでも成長していける自分であるためにも、人生に欠かせない友を増やそう、と想う。

1/29すぎやまたかし

前に戻る


キャッシュフロー経営推進全国会

経営情報バンク事務局

〒901-2131 沖縄県浦添市牧港5-18-3
Tel:098-871-1808 Fax:098-875-3444

2012-2019 © キャッシュフロー経営推進全国会
上へ